簿記の学習における通学・独学・通信の決定的な違いは?

簿記3級の勉強をはじめるときに、まず決めなければならないことは「勉強方法」です。勉強方法は、大きくわけると3つあります。
「独学」「通学」「通信教育」の3つです。それぞれに、メリットとデメリットがあるため、勉強に割ける時間、生活環境、予算などを確認し、自分に合った方法を選ぶことが大切です。下の表は、「独学」「通学」「通信教育」のメリットとデメリット、そして費用をまとめたものです。

  独学 通学講座 通信講座
メリット ・自由のペースで学習できる
・最も費用が安い
・効率的に勉強できる
・その場で質問できる
・勉強仲間ができる
・モチベーションが保てる
・効率的に学習ができる
・通学と比べて、費用が安い
・自分のペースで学習できる
デメリット ・疑問点を質問できない
・最新情報が入ってこない
・挫折する可能性がある
・モチベーションの維持が難しい
・費用が高い
・講師と「合う合わない」がある
・時間の拘束がある
・交通費がかかる
・その場で質問ができない
・挫折する可能性がある
・モチベーションの維持が難しい
費用 5,000円以下 3万円~5万円 1万円~3万円


独学

簿記3級は、お金の流れや帳簿記入など基本的な学習なので、「独学」で十分に合格できます。経済的に考えても独学が一番リーズナブルです。
ちなみに、簿記3級の独学で一番大切なことは、独学向けの良質なテキストと過去問題集を選ぶことです。合否は、教材で決まるといっても過言ではないほど、教材選びは重要です。独学のテキストの選び方は、「6章 試験合格マル秘テクニック」で詳しく紹介します。
基本的に、独学のスタンスは「試行錯誤」で、次第に自分に合ったやり方が見えてくる学習スタイルです。もし、あなたが「時間に余裕がない」「3級と2級のW合格を目指している」「以前に受験や資格試験で挫折した経験があるのであれば、通学もしくは通信教育を選んだほうが安全かもしれません。


通学講座

 一番確実に資格が取得できる方法です。メリットとしては、やはり学校という「緊張感がある環境」で「仲間と刺激し合いながら」勉強ができるという点です。独学や通信講座では、こういった緊張感はなかなか味わえません。
また、簿記資格のプロフェッショナルの指導を受けることで、最短期間での合格が可能になります。まさに、「時間をお金で買う勉強法」といえるでしょう。
 ただデメリットとして、やはり独学や通信講座よりも高額という点があります。簿記2級になれば、「教育訓練給付制度」が利用でき、学費の20%(上限10万円)が支給されますが、残念ながら簿記3級は適用外となっています。
 通学は「時間に余裕がない」「金銭的には余裕がある」方に向いているといえるでしょう。


通信教育

 「独学」と「通学」の中間的に位置するのが「通信教育」です。通学とは違って、自分のペースで学習を進めることができ、費用は「通学」よりも安く、「独学」よりも高くなります。
 決まったカリキュラムにしたがって、送られてきたテキストや問題集をこなしていけばいいので、教材を選ぶ必要はなく、時間的なロスを防げます。
ただ、デメリットとして、学校に通って勉強をする行動がないため、「モチベーションを保ちづらい」という難点があります。また、「疑問点をすぐに質問ができない」という点も大きなリスクとなってくるでしょう。
 通信教育は、「時間に余裕がない」「自分のペースで勉強がしたい」「コツコツと続けられる」方に向いているといえるでしょう。